労働基準監督署

監督指導等を通じて労働条件の確保・改善を図り、労働者が安全に、安心して働くことのできる職場環境を実現するため、各種対策を推進しています。

1 労働条件の確保・改善

全ての労働者が適法な労働条件の下で、働くことができるように労働時間管理の適正化・健康確保の徹底を中心とした監督指導を実施しています。
また、現下の厳しい経済情勢から解雇や雇止め・労働条件の切り下げ・賃金不払い・サービス残業解消等に対する適切な労務管理の必要性についても指導しています。

2 安全確保対策

関係団体や各事業場等に広く周知を行い、労働災害防止活動の実施による労働災害の減少を目指しています。

3 健康確保対策

メンタルヘルス(心の健康)対策、過重労働による健康障害の防止対策、事業場における産業保健活動等を推進しています。

4 労災保険給付

労災保険給付請求については、被災労働者や遺族の方々の置かれている状況に十分配慮し、適正な認定基準に基づいた認定に万全を期するとともに、労災補償給付を迅速に処理し、早期救済を図ることを基本としています。

5 総合労働相談コーナー(相談時間:平日の9時から17時)

個々の労働者と事業主との間のトラブル(賃下げ、いじめ、嫌がらせ、退職勧奨など)のご相談に対し、情報提供やご案内を行っています。

お問い合わせ先

尼崎労働基準監督署
場所:尼崎市東難波町4丁目18番36号
時間:8時30分から17時15分

電話:総合労働相談コーナー 06 (7670) 4926

   方面(監督)06 (7670) 4921

   安全衛生課 06 (7670) 4922

   労災課 06 (6481) 1541